いびきの種類 - いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびきの種類

いびきは、大きく分けて単純いびき症、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、上気道抵抗症候群(UARS)。この三つに分けられます。このうち、たいていは単純いびき症であり、睡眠中に呼吸が止まったりはしないので、あまり深刻な問題とはならないものです。
・風邪や花粉症など、原因がはっきりしている一時的ないびき。
・疲れているときにかくいびき。・飲酒、睡眠薬の服用などによるいびき。
・ストレスが原因のいびき
・老化が原因のいびき、など、原因がはっきりしているものは、心配ないとされています。

ただ、いびきは本人は気がつかないことが多いため、知らないうちに他人に迷惑をかけていることが多いため、やはり注意が要ります。また、あまりいびきをかくことが多いと、何がしかの病気につながる恐れもあります。睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、眠っている間に、何らかの原因で無呼吸(10秒以上の呼吸停止状態)もしくは低呼吸状態になり、それが断続的に続く状態です。眠りが浅いため、日中も強い眠気を感じるようになります。

上気道抵抗症候群(UARS)は、症状としては睡眠時無呼吸症候群よりも軽いのですが、原因ははっきりしませんが、何らかの原因で上気道が閉鎖され、睡眠中に脳波上の覚醒反応が起こることで眠りが浅くなってしまう症状です。この場合、睡眠時は必ずいびきをかきます。これも眠りが浅いため、日中眠気に襲われます。上気道抵抗症候群は、脳血管障害や心臓病(心疾患)・糖尿病などの徴候として現れる可能性が高いとも言われています。

・音が大きすぎるいびき。いびきをかいている間、無音になったり、またいびきが続いたりする。
・今までいびきをかかなかったのが、いきなりいびきをかくようになった。
・息を吸う時と吐く時の両方でいびきをかく。
・呼吸の速度が速くひっきりなしにいびき。
こうしたものは要注意であり、専門医と相談した方が良い場合もあります。


[PR]なかなか見つかりにくい医療秘書の求人はココで見つかる!!