いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

こどものいびき

子供がいびきをかくのが気になる場合、扁桃腺やアデノイドと呼ばれる咽頭扁桃が肥大していることが考えられます。この肥大のピークは、10歳前後と言われています。肥大が治まれば、いびきも自然と解消されますので、原因が扁桃腺などの肥大でれば、少し様子を見ることでしょう。また、脳性マヒや脳炎、髄膜炎の後遺症としてもいびきをかく場合があります。

これ以外、子供のいびきの原因に多いのが鼻の疾患です。まだ発達途中の気道に、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などがあると、口呼吸することになりますので、いびきの原因になります。ハウスダストやダニがこうした疾患の原因になるので、家庭で部屋の環境に気をつけてあげることが大事となります。

子供がいびきを各原因として、何かしらの原因で気道が狭くなっていることがあります。子供が、遊び疲れではなく、日中も眠そうにしていたり、体がだるそうなら、いびきが原因による睡眠不足の可能性もあります。無呼吸になると酸素は不足し、発達にも影響してきます。こどもがいびきをかくようになったら、いびきをかくときの様子、無呼吸の症状はないかなどを観察して、総合病院の耳鼻科や小児科を受診することです。

子供の睡眠時無呼吸症候群の場合、発育不良や知能低下を招く以外、呼吸困難が原因で突然死に至る場合もあるなど、深刻な事態を招くことになりかねないので、早期発見・早期治療が重要となります。これは、親が注意してあげるべきことです。いびきがひどく、息苦しそう。日中に眠気が強く、ぼーっとしていることが多い。落ち着きがなく、注意力や集中力が低下している。呼吸が荒く、常に口呼吸をしている。このような状態が目立つなら、医師と相談すべきでしょう。