いびきと睡眠時無呼吸症候群 - いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびきと睡眠時無呼吸症候群

いびきをかいていて、呼吸が止まるような場合、睡眠時無呼吸症候群の恐れもあり、注意が要ります。睡眠時無呼吸症候群は文字通り眠っている間に無呼吸状態になる病気です。この無呼吸とは、10秒以上の呼吸停止と定義されています。無呼吸状態が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上あると、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

無呼吸状態と言っても、この症状自体で死ぬことはありません。しかし、無呼吸が続くことで体に負荷がかかり、生活習慣病(高血圧や心疾患など)になったり、昼間にひどい疲労感や眠気をもたらし、仕事に支障をきたしたりします。新幹線のオーバーラン事故も、この睡眠時無呼吸症候群が原因だったことから、最近社会問題ともなっています。

睡眠時無呼吸症候群の原因は、舌の付け根や軟口蓋と呼ばれる部分が気道へ落ち込んだり、首のまわりに脂肪がついたり、アデノイドや扁桃肥大などがあります。また、顎が小さく、顎が後退している小顎症が原因となる場合もあります。また、交通事故の後遺症として現れることもあります。・いびきが激しい。・日中の眠気がひどい。・集中力が低下している。・熟眠感がない、などの自覚症状がある場合、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。早めに診断を受けたほうが良いでしょう。

診断検査は睡眠中に行う必要があります。入眠前に複数のセンサー(コード)を装着し、その後就寝します。装着を行ったセンサーによりさまざまな生態信号の記録を行い、睡眠中の状況、結果をもとに診断を行います。病院での治療以外、睡眠時無呼吸症候群を予防するために、日常で心がけるべきこともいろいろあります。肥満が大きく関わるため、肥満が原因と思われる場合、減量に努めることです。食事でも、エネルギーの過剰摂取に気をつけます。病院、保険所で食事療法の指導を受けるのも良いでしょう。タバコ、酒も控え、特に寝酒は止めましょう。

[PR]40代の事務職向け!推奨エージェントランキング!