いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびきクリップについて

いびき解消グッズの一つ、いびきクリップは、クリップの先端を広げて鼻中隔をはさんで鼻腔に装着するものです。これにより、鼻中隔という鼻の穴と穴を仕切る壁の部分を刺激することで、いびきを予防する、とされています。ただ、こうした商品は、効果に根拠がないとして、公正取引委員会が排除命令を出しました。公正取引委員会が商品を販売している3社に、当該商品の合理的な根拠を示す資料の提出を求めましたが、資料を提出しなかったり、提出した資料が合理的と見なされなかったため、違反行為と断定されたのです。

実際に使った人の声も、ちょっといびきが押さえられてるような気がする程度、というのが多いようです。一方で、お酒を良くのみ、寝ているときにいびきがうるさいと友人に指摘されて悩んでいた人が、いびきクリップを使用することで、いびきがいくらか軽減され、効果を実感した、という声もあります。最初のうち、クリップをつけて寝るというのは、鼻に違和感があったものの、数日で慣れる程度の違和感だった、とのことです。

販売を行っていた会社は、「回収を進め、再発防止に努めたい」、「効果なしというのは納得できないが、命令は真摯に受け止め、すでに表示を修正した」と話し、希望者には返金するとしています。ほかにも、使った人によると、効果があるのは、体をどちらか横にして寝ることで、左側にクッションを敷いて体を斜めにして寝て、いびきクリップも念のためしてみると、これでいびきはほぼかかなかった、とのことです。

ただ、いびきクリップは鼻の穴に突っ込むので違和感も相当あり、夜中無意識に取ってしまうようで、朝付けてないことも多々あったそうです。結局、まったく効果がないわけでもないようですが、やはり、こうしたグッズは、効果のほどは個人差があるのが実情でしょう。自分のいびきの原因、特徴などを良く知り、それにあったグッズを選び、正しく使用するのが大切、というわけです。