いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびきと手術

いびきの解消は、生活習慣の改善などが基本となりますが、それでもなかなか改善されない場合や、睡眠時無呼吸症候群になっている場合など、症状が深刻な場合は、手術が必要となります。扁桃肥大など、慢性的な疾患や身体的な問題がある場合なども、生活習慣の改善では治りにくいので、このような場合も手術が必要となることがあります。特に睡眠時無呼吸症候群の場合は、命にかかわる恐れもあるので、早急な治療が必要となります。

いびきの原因が気道が狭いことによる場合、手術で咽頭を広くすることを目的に手術を行います。扁桃や喉ちんこの粘膜部位のみを切除して咽頭を広くし、空気の流れをよくします。たいていの手術は保険が適用されますが、そうでないところもありますので、事前に確認してから手術を受けることです。また、場合によっては手術できなかったり、再発の恐れもあるのでよく相談したほうが良く、いくつかの病院を回ってから考えるべきでしょう。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)への対策のための手術法としても、咽頭を広げる手術が一般的です。手術というと、痛いというイメージを抱きがちですが、最近は医療用レーザーを用いる病院が増えているので、痛みや出血も少なく、手術の傷跡が残りにくくなってきています。手術時間も短縮されていますので、患者側の負担はだいぶ軽減されています。

このほか、気管切開を行ったり、顎を前に出すことによって、咽頭を広げる手術というものもあります。「鼻中隔湾曲症」という左右の鼻の穴を隔てる壁(鼻中隔)が極端に曲がっている場合や、蓄膿症とも呼ばれる「慢性副鼻腔炎」を患っていることが原因の場合は、それに応じた耳鼻科の治療が行われることになります。自分のいびきの原因、症状に応じて適切な方法を選ぶことでしょう。