マウスピースによるいびき解消 - いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

いびき.com | 対策・解消・治療・原因

マウスピースによるいびき解消

いびきを解消する方法として、マウスピースも良く用いられます。医療用のマウスピースを装着することで、顎の位置を前に出し、いびき、無呼吸を予防する方法です。装着すると気道が開き空気の通りが良くなるので、いびきや無呼吸が止まります。マウスピースを使っての治療は、いびきや睡眠時無呼吸症候群の中でも軽度~中度の人たちに向いているようです。

効果は高く、有効率は90%とされています。手術などと比べ費用がかからず、身体の負担も少なく、携帯しやすいので旅行先でもつかえます。いびき、無呼吸を簡単に治したい人に向いているでしょう。スポーツで使われるマウスピースとは違い、マウスピースをはめ込むと気道(空気の通り道)が広がるような特殊な形状をしています。このマウスピースは上下一体型の装置で、顎の位置を前に出すことで無呼吸を防止する役目を果たします。

空気が良く通れば抵抗が少なくなり、いびきや無呼吸症候群が治まるわけです。誰でも簡単に使えるもので、市販されているものもありますが、本格的にいびきを治したいのなら、病院で専用のものを作ってもらいます。数回の通院で歯型を取り、仮使用で調整し、最終的に仕上げます。病院のいびき専門外来で作ってもらいますが、歯科医で作ってくれるところもあります。費用は大体6万円くらいです。

ただ、毎日マウスピースを装着して寝なければいけないので、少し面倒で、根気よく続ける必要があります。極端に神経質な人は使用が難しいかもしれません。また、鼻が原因のいびきの場合は効果はありません。他にも、歯が全然なく総入れ歯の人や、歯並びが極端に悪い人、などにも不向きです。他にも、大きな虫歯、歯周病で歯が動く、顎関節に痛みや障害がある人。18歳未満の人も使えません。